空想の建築史

古代ギリシアから現代までをひとつの同時代として

ゼンパーやヴィオレ=ル=デュク、ラスキンからギーディオンやペヴスナー、ワトキンらにいたる近代との格闘を越え、第一人者にしか描き得ない新しい建築史。平田晃久氏、藤村龍至氏推薦!

書誌情報

定価
4,400 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年11月30日
判型/ページ数
A5判 上製 636ページ
ISBN
978-4-86528-342-6
Cコード
C0052
装幀・装画
五十嵐哲夫/装幀

内容紹介

歴史とは常に更新してゆくべきものである──。
建築学の原点に立ち返り、古代ギリシア以来の〈部分と全体〉概念の再検討からはじまる、
デジタルアーカイブの時代のための新しい建築史への探求の旅。
アリストテレス、ウィトルウィウス、ラスキンらの建築論を問い直し、
ゼンパーやヴィオレ=ル=デュクが導いた近代的建築史学を疑う。

ザハ・ハディドの新国立競技場問題、原広司の問い、伊東豊雄の作品の意味までを取り上げながら、
建築史学はいま、いかなる未来を描くのか?
刺激的で根源的な問いを大胆に論じ、真に現代的な建築史を希求する畢生の一冊。

古代から現代まで、建築的想像力の定点を駆け巡る──平田晃久
もっと歴史を使え、と創造的な建築論にむけて背中を押してくれる一冊──藤村龍至

目次

はじめに
第一章 体(コルプス)
一‐一 体という問題提起
一‐二 ウィトルウィウス
一‐三 三部分論
一‐四 全体と部分
一‐五 自然学と形而上学と制作学
第二章 個体
二‐一 アリストテレスの類・種・個
二‐二 西原清之の半導体論
二‐三 原広司の有孔体論
第三章 有機体
三‐一 有機体という思想
三‐二 ライト『有機的建築』
三‐三 ギーディオンとゼヴィの有機体概念
三‐四 「自然発生的」理念
三‐五 デイヴィド・ワトキンとアントワーヌ・ピコン
第四章 生・生命・生活
四‐一 建築の生命
四‐二 生命概念の系譜
四‐三 生、生命、生活、人生、生涯……
四‐四 生権力と建築
四‐五 「生」の二重化
第五章 住宅
五‐一 フランス住宅研究史
五‐二 シャルル・ダヴィレによる理想的オテル平面図
五‐三 日常
五‐四 日常と四間というスケール
五‐五 一七世紀のドミノ・システム
五‐六 マンタリテ(心性)
五‐七 ブドワールとジェンダー
五‐八 《ギマール邸》すなわちテルプシコラの神殿
五‐九 《デルヴィユ館》すなわち一八世紀パリの女性の空間
第六章 テクネー
六‐一 テクネー(技術)の二元論
六‐二 樹幹と円柱
六‐三 截石法とギルド的石工技術
六‐四 鉄の建築史論
六‐五 建築史はデジタル的なものをどうとらえるか
六‐六 本棚をのぞけば
第七章 学としての建築
七‐一 学として
七‐二 工学主義
七‐三 原論的な設計教育
七‐四 留学について
第八章 再現
八‐一 無限遠点
八‐二 サン゠ジル修道院と西洋建築の正史形成について
八‐三 思想としての新国立競技場
八‐四 啓蒙から野蛮へ――『建築の日本』展について
第九章 日本とフランスのはざま
九‐一 日本近代国家のアイコンをめぐって
――折衷主義・純粋美学・弁証法
九‐二 過去の構成と永遠の現在
九‐三 虚構の時代の建築──一九六八年以降の編年記
九‐四 伊東豊雄論──マイナス・ワン
九‐五 日本建築史とフランス建築史の比較
第一〇章 西洋建築史というフィールド
一〇‐一 フィールドとしての西洋建築
一〇‐二 歴史主義の現代性
一〇‐三 福田晴虔のルネサンス建築史観
一〇‐四 川向正人のゼンパー史観
一〇‐五 切断の様式史という不都合
一〇‐六 建築史の歴史
一〇‐七 新しい時間フレームを下敷きにした建築史
第一一章 ふたつの近代
一一‐一 はじめに
一一‐二 初期の都市ごとの建築家団体
一一‐三 第一の近代──一八三〇年代以降の一〇〇年
一一‐四 第二の近代──一九三〇年代以降の一〇〇年
一一‐五 ツリー的近代とリゾーム的近代
第一二章 カント的転回
一二‐一 グリーンバーグとカント的転回
一二‐二 ニコラウス・ペヴスナーとデイヴィド・ワトキン
一二‐三 書評マルグレイヴ『近代建築理論全史』
一二‐四 建築史の自己‐批判
第一三章 プラトンからアリストテレスへ
一三‐一 イデア論の無限遠点
一三‐二 建築の交換価値と共同体
第一四章 ポリス(都市)
一四‐一 プラトン『国家』
一四‐二 ダマスカスの建築家アポロドロス
一四‐三 皇帝と国王の騎馬像
一四‐四 商都ボルドー
一四‐五 シュレンヌ田園都市
第一五章 共感
一五‐一 パリの霊性死者の都市か生者の都市か──絆なき絆
一五‐二 サクレ゠クール教会――絆なき絆
一五‐三 統合のモニュメントから分断のそれへ
第一六章 カタルシス

エピローグ 虚構から「信じる」へ
建築史的な発想にかんする個人的な略史

『空想の建築史』に関する情報

著者プロフィール

土居義岳 (ドイヨシタケ)

1956年高知県生まれ。建築史。工学博士。
東京大学建築学科卒。同大学院博士課程単位取得退学。東京大学建築学科助手、九州芸術工科大学助教授、九州大学大学院教授をへて、九州大学名誉教授。フランス政府給費留学生としてパリ゠ラ゠ヴィレット建築大学およびソルボンヌ大学に留学。フランス政府公認建築家。
著作として『建築の聖なるもの』(東京大学出版会)、『知覚と建築』(中央公論美術出版)、『アカデミーと建築オーダー』(中央公論美術出版)、『言葉と建築』(建築技術)、『対論 建築と時間』(岩波書店)、『建築キーワード』(監修・執筆、住まいの図書館出版局)、『絆の環境設計』(九州大学出版会)など。共著多数。翻訳としてP・ラヴダン『パリ都市計画の歴史』(中央公論美術出版)、D・ワトキンとR・ミドルトン『新古典主義・19世紀建築〈1〉〈2〉』(本の友社)など。受賞として日本建築学会著作賞、日本建築学会賞(論文)。 
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.