AIと白人至上主義

AIと白人至上主義

人工知能をめぐるイデオロギー

人工知能開発のなかで組み込まれてきた「白人性のイデオロギー」とは? AIをめぐる帝国主義的・資本主義的プロジェクトの裏側を探る。

書誌情報

定価
4,400 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年11月30日
判型/ページ数
四六判 並製 408ページ
ISBN
978-4-86528-348-8
Cコード
0036
重版情報
1
装幀・装画
松田行正+杉本聖士

内容紹介

AI(人工知能)開発のなかで組み込まれてきた「白人性のイデオロギー」とは。

AIは経済を成長させ、労働から人間を解放し、人間の「バイアス」を取り除く「超人的な」機械だと主張されてきた。しかし、その開発の背後には、白人による帝国主義的・資本主義的プロジェクトが隠されていた。

軍事的なプロジェクトとの連携
監視社会と黒人の収監
開発資金を援助する企業が先住民の土地を奪う
白人男性を中心に進められてきた開発――

これまでも人種・ジェンダー・階級に関する差別が起こらないよう「よりよいAIの利用」の必要性が議論されてきたが、それは結果的にAIのイデオロギーを強化していくと著者は指摘する。
AIをめぐる帝国主義的・資本主義的プロジェクトから逃れる道はあるのか。AIの倫理性に鋭く切り込んだ一冊。

目次

序文
はじめに

第1部 形成
第1章 帝国に仕える
第2章 資本に仕える

第2部 AIの「自己」と社会秩序
第3章 認識に関する捏造と機械の中の幽霊
第4章 廃止ではなく適応を—批判精神をもったAI専門家と監獄肯定の論理
第5章 人工的な白人性

第3部 別の選択肢
第6章 反対意見からのビジョン—オートポイエーシスから見た愛について、そして身体化された戦争
第7章 拒否することの生産性

謝辞
解説 下地ローレンス吉孝

参考文献/原注/索引

『AIと白人至上主義』に関する情報

著者プロフィール

ヤーデン・カッツ (カッツ, ヤーデン)

2014年にマサチューセッツ工科大学の脳神経科学の博士号を取得。ハーバード大学医学部システム生物学部門の研究員を経て、現在はミシガン大学アナーバー校のアメリカ文化学部とデジタル・スタディーズ研究所で教鞭をとる。本書が初邦訳。

庭田よう子 (ニワタ・ヨウコ)

翻訳家。訳書に『SS将校のアームチェア』、『目に見えない傷』、『映画『夜と霧』とホロコースト』(いずれも、みすず書房)、『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、『疫病と人類知』(講談社)などがある。

下地 ローレンス吉孝 (シモジ・ローレンス・ヨシタカ)

1987年生まれ。現在はハワイ大学客員研究員。著書に『「混血」と「日本人」 ―ハーフ・ダブル・ミックスの社会史』(青土社)、『「ハーフ」ってなんだろう? あなたと考えたいイメージと現実』(平凡社)。監訳に『インターセクショナリティ』(人文書院)。
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.