みんなの「わがまま」入門

  • 著:富永京子
  • 装丁:寄藤文平+古屋郁美(文平銀座)
  • 定価:本体1750円+税
  • 46判並製/276ページ
  • 2019年4月30日
  • 978-4-86528-230-6 C0036

“権利を主張する”は自己中?
言っても何も変わらない?


デモや政治への違和感から、校則や仕事へのモヤモヤまで、意見を言い、行動することへの「抵抗感」を、社会学の研究をもとにひもといていく、中高生に向けた5つの講義。
身近な「わがまま」と社会をゆるやかにつなげ、意見の異なる人々と、社会をつくるための入門書。


迷うことについて

  • 著者:レベッカ・ソルニット
    翻訳:東辻賢治郎
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2400円+税
  • 四六判並製/236ページ
  • 2019年5月30日
  • 978-4-86528-234-4

わたしたちはいつだって迷っている。夜明け前が一番暗いと知っているけど、その暗さに耐えられるときばかりじゃない。失われたもの、時間、そして人びと。個人史と世界史の両方に分け入りながら、迷いと痛みの深みのなかに光を見つける心揺さぶる哲学的エッセイ。

心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK
4タイプでわかる

  • 著者:高草木陽光
  • 装幀:小口翔平+喜來詩織(tobufune)
    装画・イラスト:八重樫王明
  • 定価:本体1,700円+税
  • 46判並製/192ページ
  • 2019年5月31日 第一刷発行
  • 978-4-86528-233-7 C0036

夫婦関係の相談の40%が夫からの時代に。
理由がわかればうまくいく!


「これってモラハラじゃないの?」「男はガマンするしかないのか?」妻との関係に疑問を抱きながら、どうしていいかわからず悩んでいませんか。9年間で約8000人の夫婦問題カウンセリングをおこなってきた高草木陽光先生が、夫からの相談が多かった妻を4タイプに分けて問題解決の方法を伝授!
妻の行動原理と性格、付き合い方を解説するとともに、役立つひとことフレーズ、モラハラ度チェックシート、帰宅恐怖症チェックシート、離婚決断前に考える15のこと、一生幸せでいられる「夫婦のルール」など使えるコンテンツが盛りだくさんの1冊。

あなたの人生で“一番基本的な関係”をスムーズにしましょう!

殴り合いの文化史

  • 著:樫永真佐夫
  • 装丁:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体3700円+税
  • 46判上製/424ページ
  • 2019年4月30日
  • 978-4-86528-223-8 C0039
リングに上った人類学者が描く、殴り合いのもたらしたもの
名誉と屈辱、理性と本能、男らしさと女らしさーー
手に汗握る殴り合いの快楽、自らのボクサーとしての経験。歴史を繙き、現代をフィールドワークすることで、殴るヒトの両義性を浮かび上がらせる、新しい暴力論。

モハメド・アリ、ピストン堀口といったボクサーの物語をはじめ、カイヨワ、オルテガ・イ・ガゼーの研究や、ドストエフスキー、柳田国男の作品、ソクラテス、鉄腕アトム、スーパーマン、ボブ・ディラン、オセアニアの儀礼など、領域を越えて紡ぎ出される、殴り合いのもたらしたもの。

高校生と考える21世紀の論点 桐光学園大学訪問授業

  • 著者:阿部公彦、伊藤亜紗、井上寿一、植本一子、大崎麻子、大澤聡、樺山紘一、貴戸理恵、島田雅彦、島内裕子、竹信三恵子、多和田葉子、土井善晴、富永京子、中谷礼仁、仲野徹、野崎歓、長谷川逸子、波戸岡景太、羽生善治、早野龍五、古川日出男、穂村弘、前田司郎、丸山宗利、三中信宏、三輪眞弘、やなぎみわ、山本貴光、若松英輔
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
    装画:岡崎京子
  • 定価:本体1,800円+税
  • A5判並製/380ページ
  • 2019年4月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-229-0

政治、経済、科学、芸術など超豪華講師陣が中高生に21世紀の論点を語る
すぐに役立つものはすぐに廃れる時代には、時間がかかるとされても本質的な「考え方」を鍛えなければなりません。

・なぜ本を読むのか?
・なぜ美意識は必要なのか?
・ことばをどう鍛えるか?
・なぜルーツを知るのか?
・AIの先に何があるか?

世界の舞台で活躍する一流の講師陣が中高生に「底力」をつける「大学訪問授業」の記録。世界水準の「学ぶべき本質」と「ルール」とは何だろうか。

公衆衛生の論点 その記録

  • 多田羅浩三
  • 装幀:鈴木美里(キトミズデザイン)
  • 定価:本体4200円+税
  • 四六判上製/543ページ
  • 2019年4月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-232-0

今、公衆衛生は新しい「黎明期」を迎えている。
チャドウィックから始まる公衆衛生の制度の中で、「個人」の立場はどのような形で論じられたか。「個人」の挑戦はどのようなものであったか。公衆衛生研究の第一人者が挿話や引用を交えつつ、自身の歩みとともに公衆衛生が抱えてきた論点を探る。疾病克服を担う公衆衛生の実現を目指し「集団医学の推進」を提言する著者による一冊。

LOOP 映像メディア学Vol.9

  • 東京藝術大学大学院映像研究科=発行、左右社=発売
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/440ページ
  • 2019年3月 発行
  • 978-4-86528-231-3 C0070

映像芸術の最先端を東京藝術大学から発信する「LOOP」最新号。
巻頭はプリツカー賞受賞の建築家・磯崎新による特別レクチャー、世界に類を見ない規模の都市計画を主導する建築家としての金正日論を収録。ほかに、後期資本主義下における芸術を論じた桂英史「歓待のゲーム」、映画批評家で映画作家のアラン・ベルガラと諏訪敦彦の特別講義、カンヌ映画祭に招かれ注目された佐藤雅彦率いるc-projectへのインタビュー、山村浩二によるコンテンポラリーアニメーション講座などを収めます。

生き抜くための俳句塾

  • 著者:北大路翼
  • 装画:「魁!!男塾」宮下あきら(集英社文庫刊)
    装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1600円+税
  • 46判並製/160ページ
  • 2019年3月15日 第一刷発行
  • 978-4-86528-221-4 C0095

夏井いつき先生驚愕!!
「愚かさを持つ全ての人たちへ。無頼的俳句のススメ!
 俳句で遊び、負けも笑いに転化する最も過激な入門書。」

新宿歌舞伎町一家「屍派」の家元としてメディア出演多数の俳人・北大路翼初の俳句入門書。
会社に行きたくない、好きな人に振られた、SNSで誰もいいねを押してくれない……どんな負の感情も、575のリズムに乗せれば世界を変えられる。
技術を身につけるより先に必要なのは、己の感動を取り戻すこと。
北大路翼がこれまで実践してきた俳句との向き合い方を、遺書のつもりで書き上げた渾身の一冊。
人生に迷うすべての人たちに送る、前代未聞の俳句生き方バイブル決定版!

メディア・リテラシーを高めるための文章演習

  • 著者:酒井信
  • 装丁:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1,700円+税
  • 46判並製/240ページ
  • 2019年2月28日 第一刷発行
  • 978-4-86528-220-7

なぜあの企業アカウントは炎上したのか?
ディズニー、ベネッセ、くら寿司など大企業さえ、たったひとつの「炎上」で企業価値を大きく損なう事態を招いてきました。
誰もが情報を発信し、享受し、監視する「超情報化社会」のいま、学生や企業が情報発信をするための技術と心構えを、過去の炎上事例を紹介しながらわかりやすく指南。
大学メディアリテラシー科目の担当教員が、SNS時代の教養を67の演習問題とともに一冊にまとめた決定版。

私教育再生 すべての大人にできること

  • 著:安彦忠彦
  • 装丁:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1650円+税
  • 46版並製/208ページ
  • 2019年3月15日
  • ISBN978-4-86528-222-1 C0337

部活動、いじめ、受験勉強。
どこまでが学校の責任か。
家庭・塾・地域に光をあてる、教育バランス改革論!


日大アメフト部の問題、教員の過重労働問題といった時事的なトピックとともに、公教育と私教育のちがい、歴史的な教育の役割の変遷、法律のなかでの学校の位置づけなど、現状の日本教育の問題点を総ざらい。
学校の枠を飛び越えて、「教育」のあるべき姿を捉え直します。
「教育とは自立を促すことである」という教育本来の目的を見つめ続けた著者が書く、思い込みをなくし、子どものための教育を一から、自分で考え直すための教科書。