マーメイド・オブ・ブラックコンチ

マーメイド・オブ・ブラックコンチ

モニーク・ロフェイ:著者 岩瀬徳子:訳者

マーガレット・アトウッド絶賛!人魚と人間の邂逅をとおして70年代カリブ海地域の混沌と活況を描き出したマジックリアリズム小説。

書誌情報

定価
2,970 円(税込)
電子書籍価格
2,970 円(税込)
ジャンル
刊行日
2023年02月10日
判型/ページ数
四六判 並製 320ページ
ISBN
9784-86528-349-5
Cコード
C0097
装幀・装画
コバヤシタケシ/装幀
サカヨリトモヒコ/装画

内容紹介

マーガレット・アトウッド、カレン・ラッセル絶賛! 2020年英国コスタ賞受賞!

70年代カリブ海を舞台に繰り広げられる、呪われた人魚と、島に暮らして歌を愛する漁師の邂逅。全く新しいマーメイド・ストーリー、カリブのマジックリアリズム!



あらすじ
1976年。カリブ海に浮かぶブラックコンチ島の漁師デイヴィッドは人魚アイカイアと出会い、伝説の存在である彼女に惹かれていく。
だが、ある日島で開かれた釣り大会で、アメリカ人の親子がアイカイアを釣り上げてしまう。博物館に売り飛ばそうとする彼らから瀕死の人魚を盗み出し、自宅に匿うデイヴィッド。世話をするうち、アイカイアは少しずつ人間の姿に変化していく。
彼女は呪いで人魚に姿を変えられた、千年前の先住民族の少女だったのだ。
一緒に暮らすうちにデイヴィッドと心をかよわせ、領主やその息子と仲良くなるアイカイアだったが、獲物を奪われたアメリカ人、ひと儲けをたくらむ村人、そして永久の呪いが彼女を放っておいてくれるわけもなく──。



櫛やガラスのようなきれいなものも、ウェーブしたふわふわの髪もない。ただの人魚物語じゃない。──マーガレット・アトウッド(『侍女の物語』)
誰もが知っている悲しい人魚物語に挑戦し、覆す、新しい海の賛歌だ。──カレン・ラッセル(『レモン畑の吸血鬼』)
ミソジニー、植民地主義の暴力、友情、嫉妬、そして官能的な愛の世界に果敢に分け入る、熱帯の嵐のように魅力的な読書体験だ。──C・パム・ジャン(『その丘が黄金ならば』)



バスタブのまわりは果物の皮や彼女の体から剥がれ落ちたもので散らかるようになった。髪に絡まっていた海藻は塊になって落ちはじめ、長くて黒いもつれたドレッドヘアが現れた。耳からは海水が滴り、小さな海の昆虫が這い出てきた。鼻からは軟体動物や小型のカニが出てきた。彼女はさまざまな海の小動物の棲み処で、そうした生き物は日が過ぎるうちに彼女を明け渡し、出ていった。バスタブの脇に小山ができ、その山はうごめいていた。カニが横歩きで逃げていった。においを嗅ぎつけてやってくる近所の猫を追い払わなくてはならなかった。(本文より)

目次

1. 〈純真〉号
2. 〈恐れ知らず〉号
3. 島で
4. 脚
5. 話す
6. 魚の雨
7. バラクーダ
8. 楽園
9. 海人作戦
10. ハリケーン
11. ロザムンド
著者あとがき
訳者あとがき

『マーメイド・オブ・ブラックコンチ』に関する情報

著者プロフィール

モニーク・ロフェイ

モニーク・ロフェイ (ロフェイ、モニーク)

1965年トリニダード出身。高校生でイギリスに移住し、イースト・アングリア大学で文学と映画を専攻、ランカスター大学でクリエイティブ・ライティングの博士号を取得した。2002年にマジックリアリズム小説【イタリック/Sun Dog】でデビュー。
2020年、第6作目の長編である本作を発表。コスタ賞をはじめ多くの賞を受賞し、数々のベストブックリストに取り上げられた。
写真クレジット:©︎Marcus Bastel

岩瀬徳子 (イワセ・ノリコ)

翻訳家。お茶の水女子大学文教育学部卒業。訳書に『アイリーンはもういない』『ピュリティ』『最悪の館』『もうやってらんない』(すべて早川書房)。
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.