『高校生と考える人生のすてきな大問題』がブログ「私立学校研究」で紹介

神奈川県の私立桐光学園で行われた連続特別講義をもとに書籍化され、高校や中学の現場に立つ先生たちにもよく読まれている『高校生と考える〜』シリーズ。2017年3月末刊行の最新刊『高校生と考える人生のすてきな大問題』が、私立学校研究で知られる本間勇人さんのブログ「私立学校研究(C)ホンマノオト」で取り上げられています。

☆400ページ強の圧巻の書であるが、もう15冊目。この授業は20年弱実施しているのだろう。継続は力なりではもちろんあるが、何より知の最前線の歴史的変遷がわかる貴重な日本の知の最前線史の資料としての価値もある。

☆これは、東大や京大の大学入試問題を分析していく過程でもわかるのだが、桐光の「大学訪問授業」の資料の方がダイレクトだし、その量も多い。なんといっても多様な分野の授業が行われているから、横断的な視点の進化過程も了解できる。

☆いずれもおもしろい授業なのだが、森田真生氏の数学が人生の活路を開き世界を変えてしまう話は最高。放物線を見て、そこからデカルトが帝国から近代社会にパラダイム転換する世界を生み出す話など、数学嫌いの私でもワクワクする。

☆中学数学の教科書は、19世紀末までの数学の標本で、高校の数学教科書になると19世紀末に生まれた現代数学以降の標本であるなんて発想に行きつくところもスリリングだ。数学的思考が歴史の次元をヴァージョンアップさせてきたなんてことが、教科書を眺めてかなたに見えるなんてなるほど人生のすてきな大問題だ!

☆それから、内藤千珠子氏の≪見えない暴力と「私」の居場所≫が、これまたスリリング。かつて「普通」だと思われてきた領域が縮小し、その「普通」を保守するために、「普通」からはみ出した領域の人々を排除する≪見えない暴力≫の存在を暴露していく。

☆世界を変えるというのは、変えたいからという欲望からでてきているのではない。変えなければならないのっぴきならないニーズがいまここに顕れているからなのだ。その世界の痛みを引き受ける知性の塊がこの大学訪問授業であり、その書である。

「私立学校研究」2017年4月1日:クリエイティブクラス≪05≫ 桐光の知 世界の痛みを引き受け数学的思考で新しい世界を開く

本間勇人さんは、日能研でカリキュラム開発、評価開発に携わったのち、NTS教育研究所を設立、私立教育を中心にブログで情報発信、評論活動を続けている第一人者のひとりです。ご紹介ありがとうございます。

4/1 (土) 『危機と都市』ミニプレゼンテーション@イタリア文化会館

来る4月1日、イタリア文化会館にて、都市建築史の第一人者で、日本の近世都市からイタリア、フランス、ベトナム、キューバなど幅広いフィールドを対象にしている伊藤毅先生(東京大学教授)が、2017年1月に刊行した『危機と都市 Along the water』のミニプレゼンテーションを行います。
3.11をきっかけに、都市と、主として水に関わる危機とを論じた注目の国際論集。当日、会場でも販売いたします。

日 時:2017年4月1日(土)14時〜14時45分
会 場:イタリア文化会館東京(東京・九段 〒102-0074東京都千代田区九段南2-1-30/Tel: 03-3264-6011(代表)/iictokyo@esteri.it)
参 加:入場無料(予約不要)、イタリア文化会館「イタリアブックフェア
*予約は不要です。B2のホワイエスペースでのオープンなレクチャーです。ご参加お待ちしております。

★伊藤毅先生の登壇の予定でしたが、編者のひとりであるフェデリコ・スカローニ先生(建築家、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻客員研究員)に変更になりました。

3/29 (水) トミヤマユキコ×清田隆之トークイベント

『大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ』刊行を記念して、本屋B&Bにてトミヤマユキコさんと清田隆之さんのトークイベントを開催します。

トミヤマさんと清田さんの、学生時代の苦い思い出や、本書で語られた現役大学生事情から見えてくる、大学生活の転び方と立ち上がり方とは!?
学生生活に失敗したくないけど、キラキラ大学生になりたいワケでもない大学1年生のみなさまとその親御さんはもちろんのこと、新しい環境に踏み出そうとしているみなさま必聴のイベントです!
当日は相談コーナーも設けておまちしております。



新入生必聴!大学生活の転び方と立ち上がり方とは!?
出演 _ トミヤマユキコ(ライター・大学講師)×清田隆之(桃山商事代表)
時間 _ 3/29日(水)20:00~22:00 (19:30開場)
場所 _ 本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
入場料 _ 1500yen + 1 drink order

採用情報【営業】

このたび左右社では、営業を募集いたします。

勤務地:東京都渋谷区渋谷
◎募集職種:営業
◎業務内容:営業業務のほか、編集、講座の企画・運営、広報、販促物作成、事務作業もしてもらいます。Indesignソフトやillustratorも習得してもらいます。
◎雇用形態:正社員(試用期間あり)
◎応募資格:〈職歴〉制作・営業の経験を有する方もしくは興味のある方
◎待遇・福利厚生:月給制(試用期間あり/給与は経験に応じて考慮いたします)・社会保険完備・交通費支給(上限あり)
※詳細面談にて

ご興味をお持ちの方は、下記書類①~④を郵送にてご送付ください。書類選考を通過した方のみこちらからご連絡いたします。なお、ご応募頂きました書類はご返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
①履歴書
②職務経歴書
③作文(タイトル「左右社の未来」400字詰め原稿用紙1枚に手書き)
④作文(タイトル「仕事について」400字詰め原稿用紙1枚に手書き)

〈応募締め切り〉
決定次第、締め切らせていただきます。

〈書類送付先〉
150-0002 東京都渋谷区渋谷2‐7‐6‐502
左右社 小柳宛て
※ご質問のある方は、メール(info@sayusha.com)までお願いいたします。


アルバイト募集のお知らせ

ただいまアルバイトに来てくださる方を募集しています。
【業務内容】営業、講座・イベントの企画、運営などを中心とした
 左右社の出版活動にまつわる業務全般。
【給与】時給900円程度、面接にて相談のうえ決定します。
 はじめの1週間は試用期間。
【開始時期】即日、またはご相談
【勤務場所】左右社事務所(東京都渋谷区渋谷2-7-6金王アジアマンション502)
【手当】交通費支給(上限あり)

*word,exelなど基本的なパソコン操作をお願いすることがあります。PhotoshopやIllustrator、InDesignを使える方尚可。
*月曜日~金曜日(祝日除く)の週2〜5日。10時30分~18時30分を予定しています。
*お送りいただいた下記のメールで選考のうえ、面接にご来社いただく方にはご案内を折り返し返信いたします。

ご希望の方は、「お問い合わせ」メールフォームより下記要項をお送りください。メールの件名は「アルバイト募集」としてください。

1)名前:
2)電話番号:
3)メールアドレス:
4)職業・所属:
5)参加可能な曜日・時間:
6)簡単な履歴:
7)作文「左右社でやってみたいフェア、講座」又は、
「左右社の2017年」(400字程度)
メールでの選考通過後面接いたします。(複数回の可能性あり)
決まり次第募集終了となります。
取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
履歴書の返却はいたしません。

『障がい者の就活ガイド』日本経済新聞夕刊に短評掲載

企業の人事課や、行政の担当部署などからもお問い合わせいただき、好評発売中の紺野大輝著『障がい者の就活ガイド』の短評が、日本経済新聞に掲載されています。
2017年2月16日夕刊の「目利きが選ぶ3冊」、中沢孝夫先生があげてくださいました。

民間企業で45万人の「障がい者」が働いていると本書。それは暮らしのためだけではなく、人々の生き方とかかわっている。各自にできること、得意なことがある。

ありがとうございました。

新潟日報「気になる一冊」に『〆切本』の紹介

新潟日報(2016年11月26日付) 上越かわらばん「気になる一冊」にて『〆切本』をご紹介いただきました。

一日でも〆切を延ばしてほしいあまりに飛び出した嘆きや愚痴・文句…読めば読むほど開き直りにしか読めない文章の数々。しかし、その文章が人間味あふれ、作家が急に身近に感じられるようになりました。〆切に追い詰められ妄想を繰り返す様子はクスッと笑えました。
こんな言い訳や手紙をすらすら書くのなら、作品だって同じように書けるのでは? と素人である私は思ってしまったのですが、文筆家たちの作品へのこだわりが苦しみとなっていることがよく分かる本でもありました。
この苦しみがあるからこそ、大作やベストセラー作品を生み出せるのではないかとも思いました。
作家でなくても、子どもの頃は宿題の提出、学生ならリポートの提出に追われたことはよくあるでしょう。大人になってからは、報告書や会合の出欠など何かにつけて〆切と付き合う日々です。やり始めればすぐ終わるのに、ぐずぐずして…なんて経験も多いはずです。
だからこそ、作家の切迫した苦しみが、わがことのように共感できるのだと思います。この本は、〆切があるから頑張れることを教えてくれる作品となっています。「人生とは、〆切である」(最終章題)。(JPIC読書アドバイザー 朝日仁美)

ご紹介ありがとうございました!

産経新聞に『「ひきこもり」経験の社会学』の書評

産経新聞(2016年11月6日付)の読書欄に、『「ひきこもり」経験の社会学』の書評が掲載されました。評者は静岡大学の荻野達史教授です。

聞き届けられない絶望…
 ひきこもりが広く認知されて20年近くなるが、一時期のような注目は集めなくなった。それはおそらく、単に目新しさを失ったということではない。他の言葉で論じることもできると思われるようになったからであろう。
 (略)
 「ひきこもり」には、他の言葉や問題に回収されるのを頑なに拒むところがある。多くの当事者は、そして一部支援者も、他の言葉にすると取り落とされる苦悩があり、それは戦後日本のあり方に深く関わるはずだと感じてきた。本書は、今この時期に、こうした思いを丁寧にすくい上げ、系統的に論じたことにおいて、きわめて貴重である。
(略)
 本書はまた、この懊悩が、戦後日本の社会保障のあり方に根ざすことを明確に提示している。他のOECD諸国に比べ、顕著に国家による保障が薄く、企業と家族に生活の保障が多く委ねられてきた。それゆえ、「まともに就職」できない者は、即座に家族の危険因子となる。学校から企業へと順調に進めない者の生きる道筋はひどく狭く、この道を外れ懐疑する語りは無意味とされ、ときに憤怒を誘う。
 だがかれらが生き直すためには、混乱を語り受け止められることで、自分なりに生きうる物語を別様に紡ぐことが必要だ。頓挫した生の混沌を語り聴かれる社会が、本書で希求されている。人生を組織任せにはできなくなった時代、その豊かさは誰にとっても求められるもののはずだ。


ご高評、まことにありがとうございました。

朝日新聞(10月23日付)にて、鴻巣友季子さんより『〆切本』をご紹介いただきました。

朝日新聞(2016年10月23日付)の読書欄にて、鴻巣友季子さんによる『〆切本』書評が掲載されました。

原稿の〆切ほど、人と人が生々しくぶつかりあう場があろうか。〆切は戦場であり友愛の場でもある。編集者は最初の読者であり、最初の批判者でもありうる。(略)原稿を取る編集者は、ときに刑事に化け、ホテルで居留守を使う作家を追いつめる。作家も手詰まりの挙句、高野山に立て籠もる谷崎潤一郎あれば、「殺してください」と申し出る井上ひさしや、自分の心の中に悪魔が住んでいると宣(のたま)う田山花袋ありで、ほとんどオカルトものだ。編集者はエクソシスト(悪魔祓い)か!? 当たらずといえども遠からず。土砂降りのなか雷鳴と共に担当者が催促に駆けこんでくると、横光利一が格子に頭を叩きつけ「うーん、うーん」と悶絶する怪奇な一幕もある。そう、書き手は心に憑いた魔を、書くことで外に出さなくては生きられない。その「祓い」をしてくれるのが担当者なのだ。本書にも、担当者のために書くと言う作家が、川端康成をふくめ大勢いる。

新たな読み方を示唆してくださった鴻巣さん、ありがとうございます!
『〆切本』は全国の書店にて大好評発売中です。

FIGARO JAPAN 12月号にて『〆切本』紹介

FIGARO JAPAN 2016年12月号のBOOKコーナーにて『〆切本』をご紹介いただきました。

「そこで、ともかく引き受けて、第一回分四十枚ばかりを書いた。結末はどうなるかという見通しは全然ついていないのである」。こう記したのは江戸川乱歩。物語のつかみを書くのがうまくなったのは、見切り発車で書いたおかげ。貧乏の原因は遅筆だと嘆いたのは谷崎潤一郎。向田邦子は締切りを過ぎてから書き出した。岡崎京子は、どうせ締め切りを守れないだろうと6日もサバを読まれていた。作家も人の子。のるかそるかの土壇場で、ため息交じりに本音が漏れる。締め切りをめぐる攻防は、弱音と強気がせめぎ合い、読めばなぜか勇気が出る一冊。

ありがとうございました! 『〆切本』は全国の書店にて大好評発売中です。