戦争とデザイン

その企みに騙されるな──近代以前からプーチンのウクライナ侵攻まで、人間の悪と正義が熾烈にせめぎあう「戦争のデザイン」の歴史。

書誌情報

定価
2,750 円(税込)
電子書籍価格
2,530 円(税込)
ジャンル
刊行日
2022年07月30日
判型/ページ数
四六判 並製 264ページ
ISBN
978-4-86528-093-7
Cコード
C0070
装幀・装画
松田行正/装幀

内容紹介

色、ことば、しるし、企み。
人間を翻弄し戦争へと駆り立てる一方で、その悪の道を食い止める正義にもなりうる「デザイン」。
紀元前から近代、第一次世界大戦、ヒトラーをはじめとする独裁者たち、そして、今まさに起こっているプーチンのウクライナ侵攻まで、「戦争のデザイン」に焦点を当てた類のない一冊!

❖ ウクライナ侵攻のシンボル「Z」の意味──ナチスのカギ十字と関連が?
❖ Tシャツ姿のゼレンスキー、スーツ姿のプーチン。リーダーたちのイメージ戦略
❖ 戦争を隠す巧妙ないいかえたち──「玉砕」(全滅)「イラクの自由作戦」(イラク侵攻)、そして「特別軍事作戦」(ウクライナ侵攻)
❖ 幸福のシンボルから死のしるしへ。ヒトラーのカギ十字
❖ 日本を叩きのめす最高のお守り「ラッキーストライク」
❖ 第一次世界大戦、インフルエンザの大流行を経て「清潔」の色になった「白」etc.

【日経新聞】『戦争とデザイン』書評掲載
【東京新聞】太田和彦さんが『戦争とデザイン』をご紹介
【GQ】贄川雪さんが『戦争とデザイン』をご紹介
【週刊現代】金井真紀さんが『戦争とデザイン』をご紹介

目次

はじめに

1 戦争と色
国旗の乱舞には戦争の気配がする/軍用機の国籍識別マーク/虚無のデザイン、ジョーンズの標的/ラッキーストライクのデザインと戦争/帝国主義的臭いのするロシア国旗/野望を秘めたトリコロール、ロシア国旗/ウクライナ・カラーとハリー・ポッター本/生死を分ける兵士の識別カラー/服装によるイメージ戦略/「ゲオルギーのリボン」と革命の「色」/共産主義の「血の赤」/ロシアの「美しい赤」/ロシア革命と「赤・白・緑・黒」の戦争/ロシア・アヴァンギャルドの「赤と黒」/ナチスの「血の赤」/ナチスの(重要なファッション・アイテム)赤い腕章/ナチスの制服の「黒」/中国の魔除けの「赤」/文化大革命の「紅と黒」/紅衛兵の恐怖のしるし、赤い腕章/真っ赤な『毛沢東語録』/光の色は「青」からはじまった/暗黒の戦争と感染症/「清潔」の色「白」/光の色は「白」になった/ピンクとロックンロール/「抗議」ということばを秘める「白」/さまざまな白旗
コラム 迷彩柄戦闘服

2 戦争としるし
「プーチンの戦争」のシンボル/「Z」の意味/「Z」のプロパガンダ/迫害から生まれた「十字」/シンボルとなった「十字」/殺し・破壊・死のしるし「十字」/救けるしるし「十字」/聖書で戦争を「聖戦化」する/「子どもたちのために」/アゾフ連隊のしるし/ナチスの「ヴォルフザンゲル」/最凶の「ヴォルフザンゲル」/アゾフ連隊の「シュワルツェ・ゾンネ」/「14/88」の符牒?/ヒトラーの「ハーケンクロイツ」/「クロイツ」隠し/ルーン文字とナチス/ヒトラーのシンボルの戦争/迫害のシンボル「ダビデの星」/たったひとつのネガティブな腕章/ユダヤ人を示す「J」スタンプ/「★」じるしと軍隊
コラム 「×」のマスク

3 戦争とことば
「ハエのように裏切り者を吐きだす」/「特別軍事作戦」/「特別労務班」/「いいからかれらを殲滅して進め」/「第五列」/「非国民」/「ハイル・ヒトラー!」/「ラットを駆除しろ」/「かれらを消すしかない」/「かれらは死ぬべきだ」/「かれらだけは生かしておかない」/「過去を嗅ぎまわるのはよそう」/「祖父は戦争のときなにをしたの?」/「いないのは、きみか?」/「きみがほしい」/「かれらは戦争の責任を負わなければならない」/「ヒトラーってなにもの?」/「みんながいう、ヤーと」/「命は鴻毛より軽し」/「生きて虜囚の辱を受けず」/「反乱を起こすとしたら軍人じゃないか」/「一歩も下がるな!」/「ユダヤ人には次のことを禁ずる」/「しーっ」/「すべての国民は殉教の訓練を受けなければならない」/「シャリーアに違反するものは容赦しない」/「われわれが指導する」/「アラーのほかに神はなし」
コラム 「嘘はまっぴら」

4 戦争とデザイン
ハルマゲドン/コラテラル・ダメージ/諸刃の剣と行方不明/異教徒との宗教戦争/レコンキスタと国恥地図/宗教派閥間戦争/ウクライナの宗教戦争/プーチンの戦争/アジア向けにつくられた仁丹/料理人ヒトラー/子どもを「デザイン」する/女性兵士/「見ろ、これは女じゃない、出来損ないだ」

おわりに
映画リスト/図版引用リスト/参考文献

『戦争とデザイン』に関する情報

著者プロフィール

松田行正 (マツダ・ユキマサ)

本のデザインを中心としたグラフィック・デザイナー。自称デザインの歴史探偵。「オブジェとしての本」を掲げるミニ出版社、牛若丸主宰。『眼の冒険』(紀伊國屋書店)で第37 回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。近著として、『デザインってなんだろ?』(紀伊國屋書店)、『RED』『HATE !』『急がば廻れ』『デザイン偉人伝』『アート& デザイン表現史』(左右社)、『デザインの作法』(平凡社)、『にほん的』(河出書房新社)、『眼の冒険』『線の冒険』(ちくま文庫)、『独裁者のデザイン』(河出文庫)などがある。
http://www.matzda.co.jp
住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.