LOOP 映像メディア学Vol.7

  • 東京藝術大学大学院映像研究科=発行、左右社=発売
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/392ページ+綴じ込み年表
  • 2017年3月 第一刷発行
  • ISBN978-4-86528-162-0 C0070

メディアアートの最先端を東京藝術大学から発信する「LOOP」最新号は、日本のアニメーションの黎明期から現在まで主要な作品や上映会、教育機関までを一望できる、山村浩二編「現代日本インディペンデントアニメーション年表」付! 2014年以来活動をつづけるリサーチ型アートプロジェクトのための人材育成プログラム「gendaiRAM」による国際シンポジウム「アジア零時」ほか主要な成果を収めた小特集、ならびに「コンテンポラリー・アニメーション入門」小特集では、現代日本のアニメーション事情をめぐる湯浅政明・和田淳・しりあがり寿との座談会に加え、ユーリー・ノルシュテイン監督インタビューも収録。アートの現在をめぐる本格論考、桂英史「序説 芸術の社会的な実践を考えるために」掲載。

おはぐろとんぼ夜話【上巻】

  • 著者:丸山健二
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体4600円+税
  • 四六判丸背上製/648ページ
  • 2017年3月20日 第一刷発行
  • 978-4-86528-169-9 C0093

美しい山と深い森の中で孤立する限界集落。一通の手紙が、愚昧とも偉人ともつかぬ老船頭を揺さぶり、故郷を流れる哲学の川を下る。
ー恩師の死、従兄弟への怨恨、そして女との出会い。過去と現在が交錯する川上で、心をもつ屋形船、〈おはぐろとんぼ〉が見た、やるせない人間の幸福と絶望とは。
ファン待望の丸山健二最新刊。
全1900ページを超える漆黒の世界!

日本音楽のなぜ? 歌舞伎・能楽・雅楽が楽しくなる

  • 著者:竹内道敬
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1850円+税
  • B6判/並製/200ページ
  • 2017年3月10日 第一刷発行
  • 978-4-86528-168-2 C0373

歌舞伎や芸能を観賞してこのような感想をもったことがありませんか?

・このノリの悪いのは、なんとかならないのか!
・何をいってるのかさっぱり聞きとれなくて眠い!
・どうしていつも語尾を長く震わせているのか?

いずれも理由があるのです。日本音楽には日本人が大切にしてきた心が宿っているのです。 

近世日本音楽の第一人者が15の疑問に答える類例のない構成。

読めば歌舞伎、能楽がもっと深く、広く、長く、楽しめるようになります!

危機と都市 Along the water

  • 編著:伊藤毅、フェデリコ・スカローニ、松田法子/著者:髙橋康夫、高村雅彦、柳澤和明、E・マラーラ、C・リッパ、F・サルヴェストリーニ、P・カゼッタ、M・ベルフィオーレ
    【全論考和英併記】
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体3700円+税
  • A4変形並製/224ページ
  • 2017年1月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-158-3 C0052

河川の氾濫、豪雨、火山、地震、そして津波。都市の歴史は災害の克服の歴史だった。都市の危機を巡る日伊の比較研究から都市史のあらたな地平を描く。東京大学建築学科伊藤毅研究室発、第一人者の手による注目の国際論集!

社会調査 しくみと考えかた

  • 著者:原純輔
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1850円+税
  • B6並製/256ページ
  • 2016年12月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-165-1 C0336

世論調査、選挙予想、マーケティング、福祉調査、アンケート。いま世の中に氾濫する社会調査を正しく理解し、有益なツールとするための基本を学ぼう。大学生からマーケティング担当者、そして調査を受ける私たちまですべての人に役立つ1冊。

〆切仕事術

  • 著者:上阪徹
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1700円+税
  • B6判変型/並製/232ページ
  • 2016年12月10日 第一刷発行
  • 978-4-86528-164-4

著者は人気ブックライターにして〆切の達人! しかし、昔は違った。

高校、大学時代は遅刻魔。最初に入った会社でもルーズで、周囲に迷惑ばかりかけていた。次の会社では、目の前に積み上がった膨大な量の仕事に、途方に暮れる毎日。

サラリーマン時代にふぅふぅ言っていた著者が、その後、フリーランスになって、当時の3倍、4倍の仕事ができるようになれたのは、〆切を味方につけたからだった!

当時の著者と同じ境遇にいるすべての仕事人を救う一冊!

考える力を育てる 子どもの「なぜ」の答え方

  • 著者:向谷匡史
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1600円+税
  • 四六判/並製/208ページ
  • 2016年11月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-160-6

「うなずきが止まりませんでした。この本の内容は、まさしく私の子育てでしていたこと、そのものだったのです。」
オリンピック金メダリスト内村航平・母 内村周子さん推薦!

お子さんをもつお父さん・お母さん、教育関係者、習い事の指導者必読!

◎なぜ、続けるのは良いことなの?
◎親の言うことは聞かないといけないの?
◎どうやれば、上手に断れるの?
◎なぜ、勉強しなければいけないの?
◎なぜ、いじめはいけないの?

あなたは子どものこの質問にどう答えますか?

「ひきこもり」経験の社会学

  • 著者:関水徹平
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体3600円+税
  • 46変上製/400ページ
  • 2016年10月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-156-9 C0036

斎藤環氏推薦!「医療化の視点が取りこぼし続けてきた、ひきこもり問題の社会的様相が浮かび上がる。若い研究者の真摯な好奇心と学問的誠実さのみが可能にする、ひきこもりの新しい物語がここにある。」 
「ひきこもり」経験とはどんな経験なのか?「自分の物語」を見つけられないすべての人に贈る一冊。ひきこもり研究の新たな担い手がここに誕生!

ヘーゲルを読む 自由に生きるために

  • 著者:髙山守
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2200円+税
  • B6判並製/268ページ
  • 2016年10月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-155-2 C0310

ヘーゲル哲学は、いまこそ、私たちに必要な哲学だった! カントの二元論を乗り越え、ヘーゲルが追求したのは、私たちが自由に生きる、その哲学的根拠だった。『精神現象学』をはじめ、難解で知られるヘーゲル哲学の全体像を「自由」の哲学として読みなおす。

崖っぷちの自画像 死はほんとうに厄介だ

  • 著者:高嶋進
  • 装幀:鈴木美里、写真:宮沢美智子
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/200ページ
  • 2016年11月20日 第一刷発行
  • 978-4-86528-159-0 C0093

自分の死といかに向き合うか。それは生涯最大の問題だ。小劇場ジァンジァンの劇場主が年来親しむ古今の文学や哲学、宗教を参照し、東西の霊地を訪ね、老母の看取りなどを通じて思索を深める。好評エッセイ集、第6弾。

戦前史のダイナミズム

  • 著者:御厨貴
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1850円+税
  • B6判並製/240ページ
  • 2016年9月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-154-5 C0331

「戦後◯◯年」ばかりが言われる今日、果たして私たちは「戦前」をしっかりわかっているのだろうか? 天皇と宮中、元老、貴衆両院、そして軍部。さまざまなアクターが織りなす「戦前史」を、明治・大正・昭和、3代の天皇を軸に御厨貴が描きだす! 司馬遼太郎や大佛次郎、松本清張らを通じて、いかに歴史を物語るべきかをも論じる名講義

トランプ現象とアメリカ保守思想

  • 著者:会田弘継
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/208ページ
  • 2016年8月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-152-1

「アメリカ・ファースト!」かつてトランプとまったく同じスローガンを掲げた大統領候補がいた――。トランプ現象をネオコンだけでない知られざるアメリカ保守思想、右派政治史の流れから捉えなおし、反動思想と呼ぶべき危険な本質を暴く。いま世界で起きているポピュリズムの奥底を考えるための必読の1冊!【書評続々】

方丈記と住まいの文学

  • 著者:島内裕子
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1800円+税
  • B6判並製/256ページ
  • 2016年7月30日 第一刷発行
  • ISBN978-4-86528-145-3 C0395

理想の生き方は住まいとリンクする! 方丈記を源流とし、日本文学における住まい観の多様な広がりを浮き上がらせる、意欲的な一冊。鴨長明、兼好から鷗外、漱石、森茉莉、吉田健一まで…先人たちは、住居と日常に何を見出したか? 『徒然草』に描かれた“好ましくない室内描写”など興味深い資料も収録。

この骨の群れ/「死の棘」蘇生

  • 著者:高嶋進
  • 装幀:鈴木美里
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判並製/208ページ
  • 2016年8月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-151-4

伝説の小劇場ジァンジァンの劇場主には、やり残したことがあった。それは「死の棘」を舞台に載せること――。島尾敏雄との約束が三十余年のときを越えて実現する。特別な想いを寄せた沖縄、奄美で出会った高貴な魂、仲吉史子、石川文洋、屋良文夫そして島尾敏雄とミホとの交友を描く自伝小説第5弾。

職場がイキイキと動き出す 課長の「ほめ方」の教科書

  • 著者:船見敏子
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1600円+税
  • 四六判/並製/192ページ
  • 2016年7月30日 第一刷発行
  • 978-4-86528-150-7

研修を受けた企業のメンタル不調者が6割減少!

「これは最前線で闘う人を救ってくれる本だ!」
元自衛隊メンタル教官 下園壮太さん推薦!

職場で“うつにならない、させない”ための最も効果的な方法は“ほめること”。さまざまな心理テクニックや著者独自のノウハウで生産性を上げる「ほめ方の技術」を紹介。大手企業の研修から個人のカウンセリングまで、85,000 人のメンタルケアから導き出された、自分と部下をメンタル不調者にしないマネジメント!

一生モノの副業 この1冊でわかる大学講師のなり方

  • 著者:石川和男・千葉善春
  • 装幀:松田行正+梶原恵
  • 定価:本体1600円+税
  • 四六判/並製/224ページ
  • 2016年6月10日 第一刷発行
  • 978-4-86528-147-7

士業・コンサルタント必見!

いま大学は実学を求めている。さあ、あなたの出番です!

[大学講師になるメリット]
肩書きが信用に直結
新しい顧客をつくれる
若者のニーズを学べる
キャリアで社会貢献

ミュージックスとの付き合い方 民族音楽学の拡がり

  • 著者:徳丸吉彦
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2100円+税
  • B6判並製/328ページ
  • 2016年4月20日 第一刷発行
  • ISBN978-4-86528-143-9 C0373

人間はなぜ音楽をつくり演奏しているのか。音楽という営みの全体像に迫る、第一人者による民族音楽学入門。西洋中心主義的な音楽観が180度覆される1冊。索引・文献一覧を完備。【第14回木村重信民族藝術学会賞】
96_poetrysayusha_banner_ss
ジァンジァンバナー0519