fbdac0f8f5b94366f5f9d6b6ad583410

学びの心理学 授業をデザインする

  • 著者:秋田喜代美
  • 装幀:松田行正+山田和寛
  • 定価:本体1600円+税
  • B6判並製/244ページ
  • ISBN978-4-903500-85-0 C0337

教師とは子供の成長を幸せに感じ、そのことで自らも成長できる専門家のことである。
教育心理学の第一人者、いまもっとも教師に信頼されている秋田喜代美が最新の学問的成果を、授業の実践方法として提示する。何かと教育が批判される困難の中で、教師と生徒が信頼関係を築くにはどのような視点と活動が必要なのか。だれもが共感をもって読める1冊。【3刷】
教育の方法_帯あり

教育の方法

  • 著者:佐藤学
  • 装幀:松田行正
  • 定価:本体1524円+税
  • B6判並製/200ページ
  • ISBN978-4-903500-34-8 C0337

いま、社会に求められる学校とはどんな学校なのか。誰もが体験してきたが故に、ともすれば客観的に認識することの難しい授業の時間。そこで起きていることを比較・分析する方法論を示し、授業研究の歴史を概観する。「学びの共同体」を提唱する著者による、学校の未来を考えるための1冊。【8刷】
534d04858c64ff48d86ec05cabf6f799

やっぱりふしぎなキリスト教

  • 著者:大澤真幸 ゲスト:橋爪大三郎、大貫隆、高橋源一郎
  • 装幀:松田行正
  • 定価:本体1300円+税
  • 四六判並製/160ページ
  • ISBN978-4-903500-52-2 C0036

キリスト教がわかって、初めて近代もグローバリズムもわかる。
『ふしぎなキリスト教』の続編とも言うべき、橋爪大三郎氏、大澤真幸氏の対談のほか、大貫隆氏と高橋源一郎氏をまじえた徹底討論を掲載。大澤真幸THINKING「O」シリーズ、装丁一新!
ふーちゃんカバー案

しょんぼり顔のモフモフ猫 ふーちゃんやけども。

  • 著者:牧野直樹
  • ブックデザイン:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ)
  • 定価:本体1500円+税
  • 46判変・並製/120ページ
  • ISBN978-4-86528-106-4 C0072

【発売即重版決定!!売り切れ店続出!】【アマゾンカテゴリベストセラー1位を獲得!!】ツイッター界をにぎわせる次世代スター猫ふーちゃん、待望の1st写真集! ふてくされたり甘えたり寝たり食べたり…ページをめくるごとにクスっと笑えてじんわり。明日はきっといい日になる、そんな1冊です。ニシワキタダシさんの描き下ろしイラストも収録! 各界からふーちゃんを愛でる狂喜乱舞の声多数!
主夫になろうよ書影_オビあり

主夫になろうよ!

  • 著者:佐川光晴
  • イラスト・装幀:佐々木一澄
  • 定価:本体1700円+税
  • 46判並製/206ページ
  • 978-4-86528-118-7 C0095

【左右社設立10周年第一弾】「主夫だって輝けるんです!」子育ても、家事も、仕事も、楽しみながら生きる秘訣を主夫歴20年の佐川さんが伝授。主夫の24時間を追ったドキュメント、50のQ&A、主夫目線の暮らしのエッセイなど圧倒的に楽しめる1冊。人に見せるためじゃなく、自分のために生きようとするすべての人の背中をおしてくれます。
ROSE5

ROSE✳〔ローズプラスエクス〕Vol.5「音楽が鳴っている」 

  • 寺門孝之責任編集
  • デザイン:戸田ツトム+山下響子
  • 定価:本体2000+税円+税
  • A4並製/128ページ
  • 978−4−86528−110−1

本号にて完結!
映画の中でも、劇場にも、散歩道にも、記憶の中でも、いつだって音楽は鳴っている―。
町田康書き下ろし小説、世界的音楽家・三宅純×寺門孝之対談、『それでもボクはやってない』『舞妓はレディ』などの作曲家・周防義和の制作裏話など、今回も豪華執筆陣を迎えての一冊!


86528_119_ハワイ、蘭嶼_オビあり_h700

ハワイ、蘭嶼 [旅の手帖]

  • 著者:管啓次郎
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体1700円+税
  • B6判並製/152ページ
  • 978-4-86528-119-4 C0095

まったく新しい旅の本のシリーズが始まります。第一弾は、旅のエッセイといえばこの人、管啓次郎さん。ハワイと台湾南端の蘭嶼の風と光を伝える文章から、島の音響が聞こえてきます。
ひとと緑と風が美しいカラー写真64ページ!
芸術は世界の力であえる_帯あり

芸術は世界の力である

  • 著者:青山昌文
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1900円+税
  • 46判並製/249ページ
  • 978-4-86528-117-0 C0371

世界の根源的なパワーを表現しつくした、古典芸術の傑作に深く酔いしれるためにはこうすれば良い!
感動と驚きと未知なる体験が待っている、常識をこえた西洋芸術入門書。
放送大学人気教授による入魂の一冊。カラー口絵16頁。
家族と法_帯あり

家族と法 比較家族法への招待

  • 著者:大村敦志
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1800円+税
  • 46判並製/205ページ
  • 978-4-86528-116-3 C0332

新旧民法の比較、
中国や韓国など東アジア諸国との比較、
さらに現行法と仮想状態との比較。
3つの比較を通じて、日本の家族法の考え方を知り、
社会の変化や技術の進展を見据えたありうる家族法のすがたを考える。
概説書のサブテキストに最適の1冊!
工作舎_帯あり_700

工作舎物語 眠りたくなかった時代

  • 著者:臼田捷治
  • 装幀:五十嵐哲夫
  • 定価:本体2200円+税
  • 四六判並製/304ページ
  • 978-4-86528-109-5 C0090

【東京堂書店週間ベストセラー6位】(11/27時点)1970年代、松岡正剛が率い、伝説として語り継がれる初期工作舎。全国から若者が集まり、不夜城の熱気をもち、多くの才能を輩出した。「パンの耳が常用食」「トイレで仮眠」など想像を超えるエピソードの数々を、松岡正剛、戸田ツトム、祖父江慎らが振り返る。編集とデザインの新時代を築きあげた創造の現場とは…!?
86528_105_人物史の手法_オビ_h700

人物史の手法 歴史の見え方が変わる

  • 著者:五味文彦
  • 装幀:東辻賢治郎
  • 定価:本体1700円+税
  • 四六判並製/232ページ
  • 978-4-86528-105-7 C0021

「生き方」でつかむ古代から中世。
中世史の大家が最新手法を用いて、関係史料が少ない人物の人生を鮮やかに復元する。
聖徳太子は本当にいたのか?
北条政子は武家政権形成にいかにかかわったのか?
兼行は本当に人生の達人だったか?
武田信玄の実像とは?
日本史の最前線がわかる。
86528_108_きみのスライダーがすべり落ちるその先へ_オビ_h500

きみのスライダーがすべり落ちる その先へ

  • 著者:清岡智比古
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1800円+税
  • 四六判上製/92ページ
  • 978-4-86528-108-8 C0092

やがて煤けゆく比喩のつややかさよ——
苦い高揚、甘やかな炎
多彩なヴォイスが切り拓く、
抒情の前線

清岡智比古、第一詩集。
クロソウスキー_オビあり_h700

ピエール・クロソウスキー 伝達のドラマトゥルギー

  • 著者:大森晋輔
  • 装幀:清岡秀哉、カバー写真:田原桂一
  • 定価:本体7000円+税
  • 四六判上製/500ページ
  • 978-4-86528-107-1 C0098

◉第32回渋沢・クローデル賞を受賞しました!◉『歓待の掟』『生きた貨幣』などで知られるフランス現代思想の特異点をなす思想家・ピエール・クロソウスキー。キリスト教神学をめぐって紡がれる難解な文体と、後半生の画業への傾注ゆえに、神秘化されがちなその生涯の思索を、言語論として読みなおし、その全体像を描く。フランス文学の俊英による本邦初のモノグラフィー!
日本人論争_オビあり_1000

日本人論争 大西巨人回想

  • 著者:大西巨人 
    編集協力:大西赤人(株式会社メタポゾン)、山口直孝、石橋正孝
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体8300円+税
  • 四六判上製/800ページ
  • 978-4-86528-102-6 C0090

先頃亡くなった戦後文学を代表する大西巨人の1996年以降のエッセイ・評論と近年のインタビューを網羅的に収載。軍隊生活を経て、作家として半世紀以上日本の変遷を見続けてきた著者は、この国の現在を、そして行く末をどう見つめていたのか。本書全編をとおして「日本人」への問いが浮き上がってくるー。

『神聖喜劇』着想の経緯、自身の軍隊経験、青年期を過ごした福岡のこと、復員後の文化活動・政治活動、夢中になった映画をめぐる思い出、自作短歌の解説から浮かぶ戦前・戦中・戦後の日本。巻頭口絵では写真、自筆はがきや自筆原稿、構想ノートなどを紹介。巻末には本書刊行に際し大幅に改定を施した年譜を付す。
「いつかこの日が来ることは分かっていた。今を生きる我々が大西巨人の意志を引き継がねばならない。」ー國分功一郎
86528_104_叢書025少年非行_オビ_h700

少年非行 社会はどう処遇しているか

  • 著者:鮎川潤
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1800円+税
  • B6判並製/264ページ
  • 978-4-86528-104-0 C0336

世間をにぎわせたあの少年。彼らはその後どのように裁かれ、刑に服し、更生への道を歩んでいるのだろうか。補導・送致から審判、保護観察・自立支援まで、少年非行に対するわたしたち社会の処遇の全体像をわかりやすく示す。最新の第4次少年法改正、裁判員制度のもたらす影響などにも言及、学校関係者や保護者にも役に立つ1冊。【2刷】
ラインズ_新オビ1000

ラインズ 線の文化史

  • 著者:ティム・インゴルド
    解説:管啓次郎
    翻訳:工藤晋
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体2750円+税
  • 四六判上製/280ページ
  • 978-4-86528-101-9 C0039

【紀伊國屋じんぶん大賞2015、第4位に選ばれました!!】人類学とは、人間がこの世界で生きてゆくことの条件や可能性を問う学問である!
マリノフスキーからレヴィ=ストロースへと連なる、未開の地を探索する旧来の人類学のイメージを塗り替え、世界的な注目を集める人類学者インゴルドの代表作、待望の邦訳!
94_視触_オビあり_h700

視触 多中心・多視点の思考

  • 著者:矢萩喜從郎
  • 装幀:矢萩喜從郎
  • 定価:本体3700円+税
  • A5判上製/624ページ
  • 978-4-903500-94-2 C3070

多角的な才能を発揮しつづけている矢萩喜從郎氏の最新エッセイ集。
ロシアアヴァンギャルド、モダニズム建築、現代音楽、さらには東欧や中南米の政治状況論まで、現場体験を混じえ、デザイナーならではの独自の視線をもって思索する。
和辻哲郎『風土』、コーリン・ロウ『透明性』、谷崎潤一郎『陰翳礼讃』の3つの古典を批判的に検討し、開放感と詩情を併せもち今なお影響力をもつポーランド派ポスターの草分けヘンリク・トマシェフスキ、色彩の独特の配置で知られる昭和期を代表するデザイナー早川良雄を論じる。他に武満徹、ジョン・ケージ、槇文彦、鈴木恂、レイモン・サヴィニャック等をとりあげる。
暗転しつつある〈現在〉を、視線でまさぐる!
74_変化する地球環境_オビアリ_h700

変化する地球環境 異常気象を理解する

  • 著者:木村龍治
  • 装幀:松田行正+杉本聖士
  • 定価:本体1700円+税
  • B6判並製/208ページ
  • ISBN978-4-903500-74-4 C0344

なぜ雨が降り、風が吹くの? 豪雨や台風、豪雪はどうして起きるの? マクロな視野で地球全体の環境を捉え、気象の基本から異常気象まで正しく理解するための基本の1冊。【木村先生に最近の気象・天候について聞きました!】
プルースト、美術批評と横断線

プルースト、美術批評と横断線

  • 著者:荒原邦博
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体6000円+税
  • 四六判/上製/518ページ
  • ISBN978-4-903500-97-3 C0098

絵画が言語の形を取って小説のテクストを横切って行く——。
美術批評家たり得なかったプルーストの批評的言説、そこに引かれた幾本もの〈横断線〉の働きを解き明かすとき、テクストは新たな相貌を見せはじめる。
ドゥルーズの概念を作家の実存的な帰結として捉えなおす、プルースト研究の俊英による刺激的論考!
fa14babd02d892ca68bb963b35c64842

大西巨人 闘争する秘密

  • 著者:石橋正孝
  • 装幀:清岡秀哉
  • 定価:本体1000円+税
  • 新書判/224ページ
  • ISBN978-4-903500-24-9 C0090

戦後文学の金字塔『神聖喜劇』。あまりの長さ、そして和漢洋の古典からの膨大な引用、さらに時系列が複雑に絡む作品は、それゆえに読者をとりこにしてきた。本書は、作家の全貌を論じた、初めてというべき本格的な「大西巨人]論。「遅筆」や「秘密」という思いがけないキーワードからその創作に迫り、半世紀を超える執筆活動の源泉と作家の原風景に迫る。巻末には、著者による大西巨人本人へのインタビューを収録。
96_poetrysayusha_banner_ss
96_poetrysayusha_banner_ss
ジァンジァンバナー0519