近刊・新刊

短歌ブームは、ここからはじまった――。歌人・枡野浩一、デビュー25周年にして、待望の全短歌集刊行!

毎日のように手紙は来るけれどあなた以外の人からである 枡野浩一全短歌集

刊行日2022年09月23日

ノーベル文学賞受賞作家ヘミングウェイの世界的名作が、第一人者による新訳でよみがえる。

新訳 老人と海

刊行日2022年09月30日

新世代メディアを横断する放送作家が、「売れるためにやったこと」全部。

それぜんぶ企画になる。 

うしろだてのない放送作家が新しいエンタメで世を沸かす20の方法

刊行日2022年09月07日

「翻訳問答」シリーズ第三弾! 翻訳ってこんなに型破りでいいの? 各ジャンルの豪華ゲストを迎え、多言語を横断する翻訳合戦が開幕!

翻訳、一期一会

翻訳問答シリーズ

刊行日2022年08月30日

20世紀前半ドイツの重要女性作家が、第二次世界大戦前夜のフランクフルトを活写した傑作、ついに邦訳。

この夜を越えて

刊行日2022年08月30日

エリカ! 12年待っていた。読みたかった。やっと出た。──伊藤比呂美 

エリカについて

刊行日2022年08月31日

An anthology of diaries written by citizens of Ukraine and Ukrainians who live outside the country since the beginning of the Russian invasion.

Wartime Diaries in Ukraine

The 24 Voices of ordinary people, who live in unordinary days.

刊行日2022年08月04日

2022年2月24日から現在まで──戦争の渦中にいる24人が綴る日記、緊急出版!

ウクライナ戦争日記

刊行日2022年07月28日

芸人だけど、つるめない。

ぼやいて、聞いて。

刊行日2022年07月29日

藤岡みなみ、初のエッセイ集!暮らしの中の異文化を見つめる35本

パンダのうんこはいい匂い

刊行日2022年08月05日

2017年1月に逝去したイギリスの批評家マーク・フィッシャー──『資本主義リアリズム』で世界に絶望的な衝撃を与えた著者による、最後の言葉。

マーク・フィッシャー最終講義 ポスト資本主義の欲望

刊行日2022年07月30日

その企みに騙されるな──近代以前からプーチンのウクライナ侵攻まで、人間の悪と正義が熾烈にせめぎあう「戦争のデザイン」の歴史。

戦争とデザイン

刊行日2022年07月30日

Chim↑Pomら、気鋭の現代アーティスト16組がポストコロナの未来を問う。

WebメディアHEAPSの大人気連載、ついに書籍化!

トマトソースはまだ煮えている。重要参考人が語るアメリカン・ギャング・カルチャー

刊行日2022年06月30日

伝説の句集『脱衣場のアリス』から21年、待望の新作。

くちびるにウエハース

刊行日2022年06月28日

元銀行員が研究者に⁉ カタルーニャでベストセラー作家に⁉ことばの海を泳ぐカタルーニャ語学者の40年。

カタルーニャ語 小さなことば 僕の人生

刊行日2022年06月27日

「クソどうでもいい仕事」から抜け出す鍵は、勉強?

ブルシット・ジョブと現代思想

大澤真幸 THINKING「O」第18号

刊行日2022年05月30日

読む

住所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目55-12
ヴィラパルテノンB1
電話番号
(編集)03-5786-6030
(営業)03-5786-6031
ファックス
(共通)03-5786-6032
メール
info@sayusha.com
©   Sayusha All Rights Reserved.